「心に刺さる」薬機法コピーライティング

コピーライター

薬機法を遵守したコピーライティング。OPEN

2020年初夏。

会社を退職し、念願の化粧品専門の広告制作会社として
独立いたしました。

もともとは化粧品会社の社員として勤務していたため、
トラブル広告に関するトラブルを多く受けていたわけではありませんでした。

しかし、フリーランスで活躍するライターさんやメディアの方とお話をする機会が増えると
広告出稿に際し、様々な相談を受けることがありました。

「化粧品の広告で行政から注意が入ってしまった」
「アマゾンで販売していたが、薬機法が問題で販売中止となってしまった」など/

せっかく商品を販売していても
販売中止になってしまっては元も子もありません。

そこで、このブログを通じて
薬機法に抵触せず売れるコピーライティングを叶える内容をレクチャーしてまいります。
ぜひみなさんのお役に立てれば幸いです。